産経ニュース

園児ら川で座禅 姫路・木戸ダム

地方 地方

記事詳細

更新


園児ら川で座禅 姫路・木戸ダム

川に入り座禅に取り組む園児ら=姫路市夢前町 川に入り座禅に取り組む園児ら=姫路市夢前町

 姫路市夢前町の夢前川上流にある木戸ダムで11日、同市景福寺前の幼稚園「瑞松(ずいしょう)学院」の園児60人が水中座禅を行った。

 心を落ち着かせ、無心になることの大切さを子供たちに伝えようと、同園では昭和45年の創立以来、川の中での座禅を恒例行事としている。

 水着姿で河原に並んだ園児らは般若心経を唱えた後、水温約18度の川の中へ次々と入り、浅瀬で2列になって座禅を組んだ。園児らは「冷たい」と声を上げながらも約30分間座禅を組み、青山泰立(たいりゅう)園長が園児らの背後を歩きながら、肩を警策(きょうさく)で軽くたたいて回った。

 参加した高島福人君(6)は「冷たかったけど、みんなとやりとげることができて楽しかった」と話していた。