産経ニュース

幻の花かれんに 六甲高山植物園でシチダンカ見頃

地方 地方

記事詳細

更新


幻の花かれんに 六甲高山植物園でシチダンカ見頃

 神戸市灘区の六甲高山植物園で、かつて「幻の花」といわれたシチダンカがかれんに咲いており、来園者らは美しい青色の花を楽しんでいる。見頃は18日ごろまで。

 シチダンカはアジサイ科で、代表的な手鞠(てまり)型のアジサイとは異なり、花が星型に重なり合うのが特徴。園内の約200平方メートルに約600株が植栽されている。

 江戸時代末期に、ドイツ人博物学者のシーボルトが「日本植物誌」でシチダンカを紹介した。しかし、その後は長く発見されず存在が疑問視され、「幻の花」とされていた。昭和34年に六甲山で発見され、全国に広まった。

 西宮市桜谷町の会社員、山中照子さん(49)は「小さな花がかわいらしく、自然と笑顔になる」と声を弾ませた。

 入園料は一般620円、4歳から小学生まで310円。問い合わせは同園(電)078・891・1247。