産経ニュース

【千葉市長会見抄録】受動喫煙防止条例は罰則も検討

地方 地方

記事詳細

更新

【千葉市長会見抄録】
受動喫煙防止条例は罰則も検討

 【全国地震動予測地図】

 --政府の地震調査委員会が公表した平成30年版の全国地震動予測地図で、千葉市が今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率は全国の都道府県庁所在地で最も高い85%となったが

 熊谷俊人市長「(この確率は)千葉市をはじめとする東京湾岸地域で等しく80%を超えており、千葉市を取り巻く環境は特に変わっていない。千葉市では東日本大震災を受けて、かなり災害対策を積み上げてきた。もう既に市役所本庁舎の建て替えについても進めようとしている。われわれとしては東日本大震災の教訓を受けて一つ一つ、やるべきことをやっている」

 【受動喫煙防止条例】

 --東京都の受動喫煙防止条例が成立したが

 「昨年の段階から条例が東京都で可決される可能性を考慮した上で、千葉市でも条例を研究し、具体的な検討に入っている。ただ、途中から、東京都で可決されようとされまいと、われわれはやるという気持ちで議会と意見交換してきた。結果的に東京都と同じ条例内容になったことはうれしく思うし、われわれと同じような内容が都議会でも可決されたことは非常にありがたい」

 --飲食店も含めて罰則規定を設けるのか

 「実効性のある条例でなければ意味がない。罰則も含めて実効性を確保したい」 (6月28日の定例会見)