産経ニュース

【高校野球栃木大会】サブマリン宇都宮・愛沢祐亮快投

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球栃木大会】
サブマリン宇都宮・愛沢祐亮快投

 宇都宮・愛沢祐亮は腕を地面すれすれまで下げて投球するサブマリン投法。投手を始めた入学直後、「体が大きくない自分は他人と同じ投げ方では駄目だ」と考え、カーブやスライダーを見せ球に、最後は直球で決める。緩急を使い、打者のタイミングを外す投法を2年かけて身につけてきた。

 この日は佐野を五回零封し、エース野口大喜が締めて快勝。県内屈指の進学校ながら、「打倒私立」をスローガンに掲げ、2回戦は強豪・青藍泰斗と対戦する。プロ野球・ロッテでサブマリン投法を代名詞に活躍した国学院栃木出身、渡辺俊介さんを彷彿とさせる“宇高のサブマリン”は投手と二塁手、主将の三役をこなす頭脳派だ。(栃木市営)