産経ニュース

宇都宮と芳賀のLRT車両デザイン決定 アンケートでA案最多

地方 地方

記事詳細

更新


宇都宮と芳賀のLRT車両デザイン決定 アンケートでA案最多

 宇都宮市の佐藤栄一市長と芳賀町の見目匡町長らは10日、宇都宮市役所で記者会見し、両市町が整備を進めている次世代型路面電車(LRT)の車両デザインを発表した。佐藤市長は「よりふさわしいデザインが選ばれた。LRTの新たなシンボルとしてPRしていく」と述べた。

 車両デザインは3つの案について両市町の住民以外も参加できるアンケートを実施し、44・3%で最多票を得た案に決まった。

 アンケートは、5月20日~6月16日、両市町の公共施設やインターネットなどで実施された。雷光をイメージできる黄色をシンボルカラーに、配色を変えた、A、B、Cの3案が提示された。A案は「流れるような前頭形状と、L字形の特徴的な色使い」との考え方を表現したデザイン。1万6804票の投票があり、A案7449票、B案6350票、C案3005票だった。

 今後、車両デザインに関する広報活動を展開。詳細な設計、仕様などを決め、平成32年度中に3両1編成の車体を完成させる予定。(松沢真美)