産経ニュース

【須坂市動物園 飼育員日誌】ロバの「アイボン」 「もっと触って」とおねだり

地方 地方

記事詳細

更新

【須坂市動物園 飼育員日誌】
ロバの「アイボン」 「もっと触って」とおねだり

 平成29年12月18日に須坂市動物園にやってきました。「アイボン」は、穏やかな性格で、触ってもらうことが大好き。もう半年ほどが過ぎ、すっかり人気者です。

 朝の餌を食べ終わると、来園者の近くまで行き、「触って」とおねだりをしたり、運動場で腰を下ろして休憩をしたり、のんびり気ままに暮らしています。

 ロバは鳴き声に特徴があります。餌をあげる前の時間帯や近くに誰もいなくて寂しいときに、南園(家畜動物ゾーン)全体に響き渡るような大きな声で鳴き、来園者の注目の的になることもしばしばあります。

 ときどき、動物園の中だけでなく、臥竜公園や臥竜山まで散歩に連れて行きます。順調に歩いてホッとさせられたり、いっさい動かなくなって困らされたり、ロバ本来の気まぐれな性格にお付き合いするのも、結構、楽しいんですよ。

 そんな姿にでくわしたら、声をかけてくださいね。「アイボン」もきっと歓迎します。 (飼育ふれあい係 森山絵梨)