産経ニュース

九州・沖縄の景気「緩やかに拡大」 日銀が判断据え置き

地方 地方

記事詳細

更新


九州・沖縄の景気「緩やかに拡大」 日銀が判断据え置き

 宮下俊郎福岡支店長は日銀支店長会議(9日)で、7月の九州・沖縄の景気について「しっかりとした足取りで、緩やかに拡大している」と報告した。

 北米やアジアを中心とする海外の強い需要を背景に、自動車や半導体の高水準な生産が続いているとして、前回4月の判断を据え置いた。

 項目別では、全てで判断を据え置いた。個人消費は賃金改善などを背景に家電や自動車の買い替え需要が広がっている。スマートフォンの販売も好調で、「緩やかに増加している」との判断を維持した。九州・沖縄への観光客が増え、百貨店やスーパーで化粧品などの販売も堅調だと指摘した。

 設備投資は、人手不足に対応するためのロボット導入や、増産の動きもあることから「増加している」と結論付けた。その他、生産や住宅投資、公共投資や雇用・所得についても前回判断を維持した。