産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


川越にプリン専門店

 年間約700万人の観光客が訪れる川越市の蔵の町に11日、初のプリン専門店「川越プリン」がオープンする。サツマイモなど地元特産品を活用したプリンが売りで、川越観光の新たな食べ歩きスイーツとして定着を目指す。

 店頭に並ぶのは、川越産のサツマイモやバニラビーンズ、ゆずゼリーを使った3種類の「川越プリン」。併設した工房で手作りし瓶に詰めて販売する。瓶にかぶせるデコレーションキャップは蔵の瓦屋根をイメージした。価格は1個390~420円だが、店に瓶を返還すると、10円が戻るデポジット制を採用する。

 専門店を経営する食品企画開発卸業「スマイル-リンク」(愛知県)の斎藤裕幸社長は「伝統ある川越でおいしいプリンを懸命に作り、地域活性化の一助になりたい」と話している。