産経ニュース

【高校野球茨城大会】連合チーム大敗 石岡商・金田瑠主将、「次は勝利」誓う

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球茨城大会】
連合チーム大敗 石岡商・金田瑠主将、「次は勝利」誓う

 「今日のスコアボードは目に焼き付けた」

 大敗を喫した試合後、石岡商・潮来・竜ケ崎南の連合チームを率いた1年生の主将は自分に言い聞かせるように、こう言った。

 “本職”は三塁手。先発が打ち込まれ、一回表から2番手として登板した。「打たれる覚悟はできていた。だからこそあきらめずに最後まで投げきれた」と振り返った。

 連合チーム内では、年上の3年生にも「金田の方がチームを引っ張れる」と認められ、監督からも「気持ちが強いからピンチの登板も任せられる」と信頼されている。「自我を捨てろ」と石岡商野球部伝統の言葉をかけられた三回以降、無失点に抑えたが、記録は6失点。「0-12」のスコアを目に焼き付け、来年の勝利に心の炎を燃やす。

 「今度は勝ちます」。短くそう言い残し、1年生主将は駆け出していった。(永井大輔)