産経ニュース

大口病院事件 容疑者「20人分混入」 元入院患者家族に不安

地方 地方

記事詳細

更新


大口病院事件 容疑者「20人分混入」 元入院患者家族に不安

 点滴への消毒液混入による殺人容疑で逮捕された大口病院(現・横浜はじめ病院)の元看護師、久保木愛(あ)弓(ゆみ)容疑者(31)は、県警の事情聴取に「20人分ぐらい(の点滴袋に消毒液混入を)やった」と話したとされる。「もしかしたら、うちの人が含まれているのでは」。元入院患者の家族の間に不安が広がっている。

 平成28年5月ごろから入院していた男性=当時(86)=は食事をほとんど取ることができず、ずっと点滴を受けていた。そして翌6月に亡くなった。

 中毒死した男性2人と同じ4階。80代の妻は「逮捕を素直に喜びたいが、新たな心配事ができてしまった」と表情を曇らせた。同年4月に看護師のエプロン切り裂きなどがあったとの噂も聞いており、「なぜそのときに警察が動いてくれなかったのか」と憤った。

 80代の女性は事件発覚前から28年末まで入院していた。事件当時は2階だったが、4階にいたことも。よく見舞いに行っていた息子(59)は毎日のように葬祭業者の車を見掛け、「何でこんなに多いのか」と思っていたという。

 今は別の病院にいるが、県警からは、母親が亡くなったら司法解剖させてほしいと言われていた。「無差別に狙ったのだろうか」と不安を口にした。