PR

地方 地方

【高校野球新潟大会】北越、初戦で明訓に快勝 新井・岡本投手は完全試合

Messenger

 第100回全国高校野球選手権新潟大会は3日目の9日、4球場で1回戦8試合が行われた。佐藤池野球場(柏崎市)では、昨秋県大会で4強同士の北越-新潟明訓戦が行われた。中盤までは一進一退の攻防が続いたが、九回の大量得点で北越が新潟明訓を引き離し8-1で初戦を飾った。

 初回に先制点を許した新潟明訓は三回、エースの8番荘司の二塁打で好機を作ると、1番阿部の適時打で同点に。四回と五回、新潟明訓は「ここで踏ん張ってチームに勢いをつけたい」と投手の荘司が力投し、無失点で切り抜けた。

 しかし六回、北越の5番大橋が放った二塁打に影響されたのか、新潟明訓は投球に乱れが出始め、この回は暴投で打者を生還させてしまう。八回には北越の8番宮島の適時二塁打で追加点を奪われ、ペースを崩した新潟明訓は九回、四球や暴投などミスが連発。この回一挙5点を失い、最終的には7点差で涙をのんだ。

 試合後、新潟明訓の本間健治郎監督は「ここ1本が出ず、得点に結びつかなくて悔しい」と無念さをにじませる一方、「3年生は頑張ってくれた。また、チームの足元を作り直して次の大会に臨みたい」と気合を入れ直した。

 この日は東京学館新潟、常総久、新発田南、新発田農、佐渡総合、長岡高専、白根が勝ち進んだ。大会2日目の8日に鳥屋野運動公園野球場(新潟市)で行われた新井-羽茂戦では、新井の投手・岡本が夏の大会初となる完全試合を達成。2-0で羽茂を下した。

 大会4日目の11日は、6球場で2回戦計16試合が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ