PR

地方 地方

西日本豪雨 九州の犠牲者6人に

Messenger

 佐賀県は9日、伊万里市内で不明となり、長崎県の海岸で8日に遺体で見つかった男性(20)について、大雨が原因の災害死と認定したことを明らかにした。北九州市門司区の土砂崩れ現場では9日午前、住人の60代の妻とみられる女性が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された。九州での死者は福岡、佐賀、鹿児島の各県の合計で6人となった。

 伊万里市の男性は6日から不明となっていた。佐賀県などによると男性が通っている作業施設近くの川の下流で衣服が見つかっており、海岸まで流されたとみられる。福岡県警などによると、北九州市門司区では土砂が住宅に流れ込み、住人の西邑一雄さん(68)が8日、心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認された。9日午前6時40分ごろに女性の体の一部を発見。地元消防などが西邑さんが見つかった場所の周辺を重点的に捜索していた。

 ほかに、福岡県筑紫野市で女性(68)と鹿児島市で84歳の夫婦の計3人が犠牲となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ