PR

地方 地方

【高校野球静岡大会】清水桜が丘、開幕戦飾る

Messenger

 第100回全国高校野球選手権静岡大会(県高野連など主催)は7日、静岡市駿河区の草薙球場で開会式が行われ、甲子園への切符をかけた熱い戦いの幕が上がった。蒸し暑い天候となったが、111校の選手たちは吹奏楽の演奏に合わせて晴れやかに入場行進。開会式後の清水桜が丘と沼津商の試合は、清水桜が丘が2-0で制し、開幕戦を飾った。

 四回までは清水桜が丘・遠藤、沼津商・棹山の両投手が持ち味を発揮した。  試合が動いたのは五回裏。内野安打で出塁した清水桜が丘の8番・杉浦が守備の隙を突き二塁まで進塁。1番・小川が左前適時打を放ち杉浦が生還、1点を先制した。八回裏には、無死二、三塁の展開から、4番・永井の犠飛で追加点を挙げた。沼津商も九回表、2死三塁まで駒を進めるも最後は空振り三振で打ち取られ、一矢報いることはできなかった。

 8日は、愛鷹や浜松、草薙など11球場で1回戦23試合が行われる予定。

                   ◇

 ▽1回戦

 【草薙】

 沼津商   000 000 000-0

 清水桜が丘 000 010 01×-2

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ