PR

地方 地方

拉致問題解決へ「改めて関心を」 仙台で増元さん講演

Messenger

 北朝鮮による日本人の拉致問題早期解決に向けた機運を高めるために7日、「拉致問題の行方」と題した講演会が仙台市内で開かれた。講演会では増元るみ子さん(64)=拉致当時(24)=の弟で拉致被害者家族連絡会の元事務局長、増元照明さん(62)が講演。「この問題に関して無関心になってはいけない」と訴えた。

 同会は拉致問題の解決に取り組む「救う会宮城」の主催。講演で増元さんは「拉致問題がなぜ起きたか、なぜ解決しないかを考えなければならない」と述べた。また6月にシンガポールで開催された史上初の米朝首脳会談に触れ、「拉致問題解決への機運が高まっている今年だからこそ改めてこの問題に関心を持ってほしい」と呼びかけた。

 講演会に参加した伊藤昌子さん(60)は「拉致問題は風化させてはいけない。学校教育の場でもこの問題について伝えていくべきだと思った」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ