産経ニュース

ゆかりちゃん事件から22年 報奨金受付期間を延長、新ポスターも 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


ゆかりちゃん事件から22年 報奨金受付期間を延長、新ポスターも 群馬

今年新たに作製された、情報提供を求めるポスター=県警提供 今年新たに作製された、情報提供を求めるポスター=県警提供

 群馬県太田市のパチンコ店で平成8年7月、横山ゆかりちゃん=当時(4)=が行方不明となってから7日で22年が経過する。警察庁は解決につながる情報提供者に懸賞金を出す公的懸賞金「捜査特別報奨金」の受付期間を来年6月まで1年間延長すると決定。太田遊技業防犯協力会が実施する私的懸賞金と合わせ、上限額は600万円。

 県警は今年、新たにポスター4万4500枚を作製。チラシやポケットティッシュも合わせて、全国で配布している。7日には、同市石原町の「イオンモール太田店」で街頭活動を行い、情報提供などを呼びかけるという。

 県警によると、6月末までに4443件の情報が寄せられ、捜査本部では現在、41人の捜査員を投入している。情報提供は太田署(電)0276・33・0110・または、フリーダイヤル0120・889(はやく)・324(みつけよう)。