産経ニュース

オウム死刑執行 宮城に「アレフ」施設なし

地方 地方

記事詳細

更新


オウム死刑執行 宮城に「アレフ」施設なし

 宮城県警によると、オウム真理教から改称した「アレフ」の施設は県内にはないが、オウム時代からの信者が県内に数人在住し、水戸や都内の道場に通っているという。

 一方、教団元幹部の上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」の仙台施設にも常駐者はおらず、月1回ほど上祐氏が訪れて講話を行っている。

 県警はひかりの輪の施設周辺のパトロールを随時行っているが、トラブルや近隣住民からの相談は寄せられていない。

 ただ、県警は今年2月、失業給付金を不正に受給したとして、詐欺容疑で仙台市に住むアレフ関係者を逮捕。この関係者と接触していたアレフ幹部は県警の任意聴取に「県内に拠点を作りたかった」と説明した。この関係者が自宅改築のため業者と接触していたことも判明、活動拠点を開く可能性があったとみて、当局が動向を注視している。