PR

地方 地方

嘘の投資話で出資募る 詐欺容疑で8人逮捕 神奈川

Messenger

 証券会社などプロの投資家を対象とする「プロ向けファンド」の仕組みを悪用し、嘘の投資話で出資金をだまし取ったとして、県警は詐欺容疑で、投資会社の実質的経営者、富吉好明容疑者(51)=東京都台東区入谷=と、尾島信成容疑者(46)=東京都墨田区立川=ら計8人を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、実質的経営者の2人は平成24年1月~28年3月、「ファミリー」など投資会社5社を経営し、17都府県の計約560人から約23億円を集めた。運用はほとんどしていなかった。

 逮捕容疑は26年6月~27年3月、70~90代の男女5人から現金計1300万円をだまし取ったとしている。

 投資の専門家が加わるなど条件を満たせば届け出だけで設立できるプロ向けファンドの仕組みを悪用。専門家は関わっていないのに設立し、「金融庁のお墨付きを得ている」「未公開株に投資する」とうたって高齢者を勧誘していた。

 プロ向けファンドは悪質な業者が後を絶たず、改正金融商品取引法で規制が厳しくなり、個人の出資は原則禁止となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ