PR

地方 地方

黒ニンニク酢、17日新発売 養父の醸造所など

Messenger

 養父市内で産地化が進められているニンニクを使った新商品「但馬の黒にんにく酢」が同市内2社の連携で開発され、17日から売り出される。

 発売するのは、同市大屋町の「日の出通商食品カンパニー但馬醸造所」。同町の「兵庫ナカバヤシ」が栽培する暖地系ニンニク「金郷純白」を使っている。納入後、熟成させて黒ニンニクにすることで特有の臭みを抑え、醸造酢とあわせた。一般の酢と同じように使え、飲用にも良いという。ラベルは同市の書家、前田華汀さんが揮毫(きごう)した。

 200ミリリットル入り、千円(税込)。同市内の道の駅などで販売する。

 問い合わせは同醸造所(電)079・669・1100。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ