PR

地方 地方

新潟支局長便り 「読んでよし、参加してよし」

Messenger

 「住んでよし、訪れてよしの新潟県」。先月、誕生した花角英世知事のキャッチフレーズです。新知事には、原発問題はもとより、止まらない人口減少、低迷を続ける経済といった難題の処方箋を見つけ、県をより元気にするようなかじ取りをお願いします。

 さて、弊社も県を元気にする活動をしています。例えば1日には、それぞれ主催、共催する「小・中学校将棋団体戦県大会」と「リトルリーグ夏季信越大会」を行いました。両大会とも立ち会いましたが、子供たちの闘志あふれる瞳に心を打たれました。

 大会に参加し“熱い夏”を経験した子供たちが県の未来を切り開いていってくれることでしょう。

 また、子供たちのために送り迎えをしたり、大会運営に参加したりする両親、指導者、大会関係者の方々の献身的な活動にも胸が熱くなりました。当日だけでなく日頃から、時に厳しく時に優しく子供たちを支えている姿が目に浮かびました。僭越(せんえつ)ですが、新聞社の文化・体育事業の意義を改めて感じさせられた次第です。どちらも紙面でしっかりとご紹介しました。

 「読んでよし、参加してよしの産経新聞」。新知事に負けぬよう、そんな支局運営を心がけていきたいと思っています。(志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ