PR

地方 地方

東海第2原発、新規制基準「合格」 茨城知事「厳正な審査、継続を」

Messenger

 大井川和彦知事は4日、日本原子力発電東海第2原発(東海村)が新規制基準に適合しているとする審査書案を原子力規制委員会が了承したことについて「運転延長認可など、残りの審査状況を注視していく。規制委には引き続き厳正な審査をお願いしたい」と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。

 大井川知事は「県としても県原子力安全対策委で安全性を審査するとともに、周辺自治体と一緒に防災対策を作っていく」とも話した。また、再稼働に対する自身の判断に関しては「しかるべきタイミングで県民の意見を聞く方策を考えたい」と語った。

 立地自治体の東海村の山田修村長は「重大な関心事として受け止めている」とするコメントを発表。「引き続き工事計画に関する審査の動向などを精察する」とした上で「必要に応じて事業者(日本原電)の説明を求めていく」という姿勢を示した。

 避難対象者が約27万人と県内で最も多い水戸市の高橋靖市長は、同市役所で記者団に対し「規制委の考え方が示されたとして受け止める」と述べた。その上で「安全審査の申請が再稼働に直結しないということを事業者と確認しており、事業者はそれを念頭に作業してほしい」とクギを刺した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ