PR

地方 地方

予期せぬ妊娠、相談を 埼玉県が窓口開設、無料サポート

Messenger

 県は今月、予期しない妊娠に悩む女性の相談に応じる「にんしんSOS埼玉」を開設した。医療機関に行かず、1人で出産し、赤ちゃんを遺棄する事件などが増える中、誰にも相談できない女性をサポートする狙い。母子健康手帳の交付手続きなど行政機関にもスタッフが同行する。

 にんしんSOS埼玉は、一般社団法人「にんしんSOS東京」に事業を委託した。社会福祉士や医師、看護師らが電話やメールで無料相談に応じる。

 県によると、妊娠して周囲に相談できない女性が母子健康手帳の交付を受けず、一人で赤ちゃんを産んでしまうケースが多いという。母子健康手帳がなければ、医療機関の健診補助などが受けられず、出産までに利用できる公的機関の情報を知る機会が減る。このため、相談を受け付けた女性とともに、行政機関に同行したり、病院を紹介したりする支援も実施する。

 県健康長寿課は、相談窓口の開設について「相談を受け付けることで、早めに行政機関につなぎ、貧困の連鎖を断ち切れるようにしたい」と話している。

 相談の受け付けは(電)050・3134・3100。年中無休で午後4時~午前0時。メールはsodan@sos.saitama.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ