PR

地方 地方

“不適合”ブロック塀、さいたま市内に46校

Messenger

 さいたま市は3日、大阪北部地震でブロック塀が倒壊し女児が死亡した事故を受け、現行の建築基準法に適合しないブロック塀がある市内の公立学校が46校に上ることを明らかにした。

 内訳は小学校34校、中学校11校、高校1校。建築基準法に適合しているが、老朽化などしているブロック塀も55校であった。いずれも速やかに撤去改修できるように検討する。建築基準法はブロック塀の高さを2・2メートル以下に制限している。

 また、建築基準法には該当しないが、27校で高さ2・2メートルを超えるサッカーのシュート練習用の「シュート板」があり、市は今後、撤去していく方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ