PR

地方 地方

「奇跡の一本石垣」 熊本城・飯田丸五階櫓 解体始まる

Messenger

 平成28年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城(熊本市)の飯田丸五階櫓で2日、土台の石垣が崩れ柱状に残った「奇跡の一本石垣」の解体工事が実施された。今週中に作業を終える予定で、崩れた周囲の石垣も来年3月までに撤去し、その後、積み直しに着手する。

 飯田丸五階櫓は一本石垣に支えられ倒壊を免れ、崩れた石垣の復旧のため今年6月までに撤去された。

 一本石垣は約1・2~3トンの石12個で構成。クレーンで慎重につり上げられ、近くの仮置き場に移された。

 熊本市はこの日、復興のシンボルとして復旧を急ぐ天守閣のうち、大天守の地下部分にあり、一部崩落した石垣「穴蔵」の工事状況も公開した。

 市は、大天守の外観部の工事を来年秋ごろまでに終える予定で、隣の小天守と合わせ、33(2021)年春ごろまでに天守閣を復旧させる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ