PR

地方 地方

【小・中学校囲碁団体戦】長野は須坂小が全国切符

Messenger

 第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦県代表選抜大会(主催・県学校囲碁連盟、産経新聞長野支局、日本棋院県本部)が1日、大町市のフレンドプラザ大町で開催された。

 大会の小学校の部には10チーム30人が参加した。保護者や大会関係者が見守る中、少年・少女棋士たちは真剣な表情で碁盤を見つめながら碁石を打ち、会場は熱気に包まれた。中学校の部には今回、参加チームがなかった。

 対局の結果、小学校の部は須坂市立須坂小学校(小林太一君(11)、小林義人君(9)、田川聖也君(11)が優勝を飾った。同小学校の主将、太一君は「初めての出場だが、緊張しないでいつも通りの囲碁を打ちたい。予選を突破して本戦で優勝を狙う」と意気込んでいた。

 同小学校は29、30両日に東京都千代田区の日本棋院で開かれる全国大会に県代表として出場する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ