PR

地方 地方

「週刊アキタ」40年の歴史に幕 活字メディアの将来暗示?

最終月となった4月に発行された週刊アキタ。右が最終号の4月27日発行分
Messenger

 秋田市を中心に約40年にわたって発行してきたタブロイド紙「週刊アキタ」が、4月27日の1987号を最後に廃刊した。代表の小畑伸一さん(86)は産経新聞政治部出身で、元秋田県知事の小畑勇二郎氏(1906~82)の長男。中央と地方の政治を知り尽くした経験から、歯に衣(きぬ)着せぬ発信を続けてきたが、人口減少の秋田で読者の高齢化と活字離れが加速、行き詰まった。その経緯は活字メディアの将来像をも占う。 (藤沢志穂子)

 ◆独自の視点で報道

 「週刊アキタ」の発行元である週刊秋田社(秋田市)は、地元財界の支援を得て設立され、昭和54年4月に創刊した。小畑氏は産経新聞から秋田テレビ(秋田市)に転じた後、58年から経営を引き継いだ。「県内有力紙だけでは、一般市民の思いが発信できていない」と、県内の政治・経済や地域の話題を独自の視点で報道してきた。

 主に1~2面でニュースを深掘り。最近では地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」への疑問、県人口の減少問題、サッカーJ3ブラウブリッツ秋田の新スタジアム建設の行方などを取り上げた。「相手を『グサッ』『チクッ』と針で刺し、目覚めさせる記事を心がけた」と振り返る。一方で毎号、3本のコラムを書き分けた。県内事情の行方を探る「今週の視点」、中央政界にもの申す「千秋抄」、政治記者時代に見聞きした政界の裏事情を明かす「交差点」だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ