PR

地方 地方

京都で作られた刀剣ズラリ 重文「菊御作」など200点 9月に京博で初の特別展

Messenger

 京都国立博物館(京都市東山区)は、京都で制作された刀剣を中心に集めた特別展「京(みやこ)のかたな-匠のわざと雅(みやび)のこころ」を9月に開催する。京博での本格的な刀剣展は初めて。平安期以降の刀剣など約200点が展示される。

 京都では約800年前に山城鍛冶と呼ばれる刀工らが登場。室町期に一時衰退したが、政治、文化の中心地として、時代の最先端をいく刀剣が生み出されてきたという。

 特別展では、時代ごとに全8部に分けて展示し、山城系の国宝の多くが出展される。源平合戦で皇位継承の象徴だった神器が失われたまま即位した後鳥羽天皇が自ら手がけたとされる「菊御作」や、鎌倉期に活躍した鍛冶集団、粟田口派の名工・吉光の太刀や短刀などが並ぶ。

 刀剣だけでなく、絵画や絵巻も一緒に展示し、歴史背景や刀工らが果たした役割に迫る。

 9月29日~11月25日。問い合わせは京博(電)075・525・2473。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ