PR

地方 地方

熊谷で「雪くま」新作お披露目

Messenger

 猛暑で知られる熊谷の暑さを吹き飛ばすスイーツグルメとして定着した創作かき氷「雪くま」の新作発表会が28日、熊谷市役所で行われた。

 雪くまの条件は、熊谷のおいしい水で作った氷を使い、削り方で雪のようにふんわりした食感を出し、オリジナルシロップを使うこと。雪くまを販売する「雪くまのれん会」の審査を通過して初めて名乗ることができる。平成18年にお目見えし、13年目の今年は27店が販売する。店の定番となった人気の雪くまに加え、趣向を凝らした新作を売り出す店も多い。

 この日の発表会では「そば処 木村屋」が考案し、5月の「熊谷うまいもんカップ2018」で優勝したミルクベースの桜シロップとあんこシロップを楽しむ「くまがや桜」など、3店の新作がそれぞれ先着50人に振る舞われ、市民らが試食した。

 新作を堪能した富岡清市長は「毎年、新作を楽しみにしている市民は多い。雪くまを食べて涼しくなってほしい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ