PR

地方 地方

サンスポ千葉マリンマラソン、12月2日開催 視覚障害者の部新設

Messenger

 恒例の市民マラソン「第43回サンスポ千葉マリンマラソン」(千葉市陸上競技協会、サンケイスポーツ、産経新聞主催)が12月2日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムをメイン会場に、幕張メッセ周辺で開催される。今大会から視覚障害者男女の部が新設される。28日、千葉市が発表した。大会事務局では9月30日まで参加ランナーのエントリーを受け付ける。

 開催日をこれまでの1月の第3日曜日から12月の第1日曜日に変更。2020東京パラリンピックを控え、健常者と障害者のより一層の交流促進と共生社会の実現をめざし、視覚障害者男女の部を設置した。

 視覚障害者男女の部(小学1年生以上、参加料2250円)は2キロに設定し、伴走者は無料で障害者がスポーツ大会へ参加しやすい環境整備を行った。希望者にはJR海浜幕張駅から会場までの往復にボランティアが付き添う。

 千葉市の熊谷俊人市長は28日の会見で「初心者向けで、新たにマラソンを始められる視覚障害者の方を後押しできるのではないか」と述べた。

 エントリーは「ランネット」「じょいすぽ!!」、「スポーツエントリー」((電)0570・039・846=平日午前10時~午後5時半)、「JTBスポーツステーション」、「スポーツナビDo」のホームページや電話で受け付ける。

 問い合わせはサンスポ千葉マリンマラソン大会事務局(電)03・6629・2602(平日午前10時~午後5時)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ