PR

地方 地方

横浜市とセブン&アイ、訪日客誘致で協定

Messenger

 横浜市とセブン&アイグループは、外国人観光客の誘致や受け入れ環境の整備に関する連携協定を結んだと発表した。

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪・パラリンピック開催に向けて、市は訪日外国人の集客を目指す。

 市や同グループによると、セブン銀行の現金自動預払機(ATM)で海外銀行のカードを使えるようにしたり、市内のセブン-イレブンで観光案内を配布したりする。イトーヨーカ堂の海外店舗では横浜の名産品などを紹介するキャンペーンも実施する。

 林文子市長は「連携を強化して横浜の魅力を海外にPRしたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ