PR

地方 地方

TX、32年春に新型車両 安全性向上、混雑緩和狙う

Messenger

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(千代田区)は、新型車両「TX-3000系」を導入し、平成32年春に運行を開始する。

 車体は現行のイメージを継承しつつ、先頭車両の傾斜を強くして先鋭感を強める。列車前方の異常を監視するドライブレコーダーを搭載し、車内のドア上部には防犯カメラを設置して安全性の向上につなげる。

 車椅子の乗客らが利用できるフリースペースは、これまで編成車両の一部にしかなかったが、新型には全ての車両で確保する。

 車内案内には訪日外国人向けに英語、中国語、韓国語も表示する。

 国土交通省によると、平成28年度のTXの混雑率は青井-北千住間で162%(午前7時半~8時半)となっている。同社は新型車両の導入で、朝のラッシュ1時間の運行本数を最大22本から25本に増やし、輸送力を強化することで混雑率を14~15ポイント改善できると見込んでいる。

 同社が保有している車両は、TX-1000系とTX-2000系の計37編成222両。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ