PR

地方 地方

世界最大の花、2年ぶり咲く 茨城

Messenger

 世界最大の花といわれるサトイモ科の「ショクダイオオコンニャク」が26日、つくば市天久保の国立科学博物館筑波実験植物園で開花した。受粉のため、夜に腐臭を放って虫を誘う。

 ショクダイオオコンニャクは、インドネシア・スマトラ島に自生する。同園で咲くのは2年ぶりで今回の高さは約240センチ。同園多様性解析・保全グループの遊川(ゆかわ)知久グループ長は「この植物はまだ生態もよく分かっていない。なぜこんなに大きく、臭いのかを考えてもらい、植物の不思議さを感じてほしい」と話す。

 見頃は開花日を含め3日程度で、同園では29日まで、午前8時半から午後6時半まで通常より時間を延長して開園する。

 問い合わせは、同園(電)029・851・5159。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ