PR

地方 地方

和歌山・白浜町、リコージャパンと連携協定 民間企業とは初 観光振興など期待

Messenger

 白浜町は事務機器・光学機器メーカーのリコーの販売会社、リコージャパン(東京都港区)と包括的連携協定を締結し、井澗(いたに)誠町長と松坂善明執行役員事業部長が協定書に調印した。同町が民間企業と連携協定を結ぶのは初で、同社も県内の自治体との協定締結は初めてという。

 町民サービスの向上や地域振興に向けて、さまざまな事務機器や光学機器などを製造するリコーの製品やノウハウ、情報を活用し、観光振興などに生かす取り組みを検討しようと協定を締結することにした。

 具体的な連携は今後双方で詰めるが、360度動画で撮影することができるリコー製のカメラを使って観光名所を撮影し、インターネットで発信したり、各種イベントでの製品を使った手伝い、他の企業や団体と町の橋渡しをしたりするなどを想定しているという。

 締結式で井澗町長は「観光の魅力発信や、環境にやさしい地域振興などに寄与してもらえるのでは」と期待し、松坂事業部長は「全国ですでに18自治体と協定を締結しており、魅力のある白浜を全国に発信するため、お役に立てば」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ