PR

地方 地方

新潟県内各地で真夏日 アサザ開花

Messenger

 26日の県内は高気圧に覆われ、長岡市で32・4度を観測するなど各地で気温が30度を超える「真夏日」となった。暑さが本格化する中、同市宮本東方町の国営越後丘陵公園では、本県の絶滅危惧種に指定されている水草「アサザ」の花が咲き始めた。

 アサザは池や沼に群生するミツガシワ科の多年草で、直径約3センチの黄色の花が水面を覆うように咲く。今週中には見頃を迎え、数万本のアサザで池全体が黄色いじゅうたんのようになる景観を7月中旬まで楽しめるという。朝に開花して昼過ぎには閉じるため「観賞は午前中がおすすめ」(同園の担当者)という。

 新潟地方気象台によると、最高気温は三条市と胎内市で32・0度▽魚沼市31・8度▽新潟市中央区31・5度▽村上市31・2度▽湯沢町30・8度-などに達し軒並み今年最高となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ