産経ニュース

仙台空港で不法侵入想定し訓練

地方 地方

記事詳細

更新


仙台空港で不法侵入想定し訓練

仙台空港の国際線ターミナルで行われた、刃物を持った不法侵入者を取り押さえる訓練=26日午前 仙台空港の国際線ターミナルで行われた、刃物を持った不法侵入者を取り押さえる訓練=26日午前

 仙台空港(名取市、岩沼市)で26日、空港会社や警察など関係機関の連携を強化するため、国際線ターミナル内への刃物を持った不法侵入者を取り押さえる訓練が実施された。

 仙台空港保安委員会の主催で、岩沼署や航空会社など計16機関から約50人が参加。刃物を所持した男が保安検査場を突破し、国際線ターミナル2階の搭乗待合室に侵入したとの想定で、発生直後の初動から乗客の避難誘導、身柄確保までの手順を確認した。

 訓練に参加した免税店店員の中川勝代さん(35)は「実際に事件が起きたときにどう対応すればいいか頭の中にイメージができた」と話した。