PR

地方 地方

山梨市不正採用 元市議が便宜で新たに1人 元市長と発言食い違い

議会への報告後、報道陣の質問に答える高木晴雄市長=25日、山梨市役所
Messenger

 望月清賢元市長による山梨市の職員採用をめぐる不正事件で、高木晴雄市長は25日、内部調査委員会の調査結果を市議会の全員協議会に報告した。

 事件で明るみになった受験者4人の不正のうち、1人の採用に元市議の働きかけがあったほか、新たに平成28年度に1人の不正採用も判明。26年度から3年間で計5人の1次試験の点数が改竄(かいざん)された。

 調査は、望月元市長=受託収賄罪などで有罪確定=と当時の副市長、市の人事担当者、不正採用された職員を聴取し、裁判資料も合わせて調べた。

 報告では、28年度の受験者1人について、親族と元市議から採用試験に便宜を図るよう依頼された。1次試験の成績を19位から15位に改竄した。

 また、親族を通して2次試験の小論文の出題が受験者に伝わった。この受験者は「親族が働きかけたことはわからないし、小論文は『こういうのが出るんじゃないか』というアドバイスと思った」と答え、自らの不正を否定した。

 新たに不正が判明した受験者について、望月元市長は「点数の改竄は知らない」としたが、人事担当者は「市長の指示で1次試験を合格とした」と明言するなど、関係者間で発言が食い違っている。

 高木市長は報告後、報道陣に不正に採用された職員の処遇について、「第三者委員会からの答申などをもとにできるだけ早く決めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ