産経ニュース

SBIマネープラザと筑邦銀の店舗、共同運営始める 福岡

地方 地方

記事詳細

更新


SBIマネープラザと筑邦銀の店舗、共同運営始める 福岡

 福岡県地盤の筑邦銀行は、インターネット証券大手SBI証券の子会社「SBIマネープラザ」(東京)と、同県久留米市にある筑邦銀行の店舗の共同運営を始めた。顧客に販売できる商品の品ぞろえを拡充し、銀行顧客の多様な資産運用ニーズに対応する。

 SBIマネーなどによると、地銀と共同で店舗運営する取り組みは、静岡市が拠点の清水銀行に続き2例目。SBIグループは顧客基盤の拡大が期待できる一方、筑邦銀行は株式や債券の販売手数料などの一部をSBIから得られるため、収益機会が増える利点がある。

 久留米市の店舗はこれまで、主に住宅ローンや投資信託、保険などの相談業務に特化していた。店舗内には株式などを販売する窓口を併設し「筑邦銀行SBIマネープラザ久留米」として共同運営する。