PR

地方 地方

小浜市の公認キャラクター「さばトラななちゃん」に“家族”ができたよ

Messenger

 小浜市の公認キャラクター「さばトラななちゃん」に両親や祖父母ら6匹の家族が加わり、小浜市小浜酒井の小浜信用金庫駅通り支店で披露されている。それぞれの趣味や性格、祖父母の出会いなど家族の物語をパネルで紹介している。

 ななちゃんは、小浜商工会議所の依頼を受けた同市羽賀のグラフィックデザイナー、足立直紀さん(63)が考案し、平成20年10月に誕生。雌の野良猫がモデルで、灰色と青色のしま模様に保存食のサバのへしこをポケットに入れている姿が特徴。ななちゃんのストーリー性を広げてみたいといった思いから家族を誕生させたという。

 きちょうめんな性格の「キジトラ父さん」と社交ダンスが趣味の「白猫母さん」、年齢はいつも5歳という弟の「茶トラボクちゃん」、フラダンスが特技の「黒猫おばちゃん」など個性派がそろう。料亭の飼い猫だった「ハチワレ爺(じい)ちゃん」と「三毛猫婆(ばあ)ちゃん」が屋根で出合い、互いに飼い主に認めてもらえずに野良猫生活を始めたといった家族の物語も創作した。

 足立さんは「絵本などいろんな形で使ってもらいたい。小浜が有名になることにつながれば」と話している。イラストなど約80点を29日まで展示。入場無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ