PR

地方 地方

「サロンカーなにわ」でツアー、応募殺到キャンセル待ちに JR西和歌山支社などが7月実施

Messenger

 JR西日本和歌山支社などは、JR橋本駅の開業120周年(今年4月)と紀勢線の電化40周年(10月)を記念した旅行ツアーを7月に実施する。特別列車としても使用される「サロンカーなにわ」で巡る旅で、すでにキャンセル待ち状態。鉄道ファンらから人気を集めている。

 橋本駅は明治31年4月11日に開業、紀勢線の和歌山-新宮間は昭和53年10月2日に電化し、それぞれ今年で開業120周年、電化40周年を迎える。

 県内の沿線の旅を楽しんでもらおうと同支社と日本旅行が、記念ヘッドマークをつけた「サロンカーなにわ」と牽引(けんいん)するディーゼル機関車「DD51」の臨時列車を使った旅行ツアーを7月20、21日に企画した。

 1日目は午前10時10分に和歌山駅を出発。橋本駅で約1時間停車し、DD51の付け替え作業を見学できる。2日目には新宮駅で参加者限定のサロンカーなにわの展示会を開催する。このほか、臨時列車限定グッズの販売会も実施する。

 和歌山駅以外に新大阪、天王寺駅での発着や宿泊施設とのセットなど複数のプランがあり、2万1千~5万8千円。今月15日の発売まもなく鉄道ファンらの応募が殺到し、約100人の定員はキャンセル待ち状態。同ツアーではキャンセル待ちを受け付けており、担当者は「サロンカーなにわが和歌山線に入線するのは、めったにない機会。和歌山県の魅力たっぷりの鉄道の旅を楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは日本旅行大阪予約センター((電)0570・666・155)か日本旅行の支店・店舗へ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ