PR

地方 地方

特殊詐欺で1200万円、座間の60代が被害

Messenger

 座間署は、座間市に住む60代のパートの女性が特殊詐欺被害に遭い、現金約1200万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、女性宅に12日、「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」などと題したはがきが届き、はがきに記載された連絡先に電話をかけたところ、男から「この案件では取り立てがいきなりくるかもしれない」などと嘘を言われたという。

 翌日になって債権回収業者を名乗る男から電話があり、現金を支払うよう要求され、弁護士を名乗る男の指示に従って現金を宅配で送付。15日には金融庁の職員を名乗る男から電話があり、「反社(反社会的勢力)に現金を送った疑いがある」などと告げられ、再び弁護士を名乗る男の指示で改めて現金を送付し、総額約1200万円を詐取された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ