PR

地方 地方

「40年のノウハウで日本一に」 大和リゾート・柴山社長「京のホテル戦争」に自信

Messenger

 「40年にわたる郊外でのリゾートホテルでのノウハウを生かし、日本一を目指す」

 大和ハウス工業子会社、大和リゾート(東京)の柴山良成社長は、京都駅の南東側に今月9日開業した新ホテル「ダイワロイヤルホテルグランデ京都」(京都市南区)の成功に自信を見せる。

 京都市内でホテルの進出ラッシュが続く中、新ホテルは9カ国語を操る外国人スタッフを雇い、世界約120カ国・地域の訪日外国人客に対応できるなど差別化。宿泊客の5~7割を訪日客と想定し、客室稼働率は「最低80%」と語る。

 新ホテルに「グランデ」と命名したのは、同社が展開するホテルの中でも代表的な旗艦店にするとの意味合いを込めた。「郊外で培ったおもてなしのサービス力は一日の長がある」と激戦区・京都での顧客争奪戦に挑む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ