PR

地方 地方

平日2時間、週休は最低2日 運動部の部活で千葉県教委指針

Messenger

 県教育委員会は、運動部の部活動について、具体的な活動時間や休養日の目安を盛り込んだガイドライン(指針)を公表した。練習を平日は2時間程度、土日・休日は3時間程度に抑えた上で、休養日を週2日以上(平日と土日に各1日以上)設けることが柱で、男女ともに全国平均よりも長いとされる活動時間の短縮に努める。指針は公立の小中高校生が対象で、私立学校や文化系の部活動についても参考にしてもらう。

 指針の内容は3月にスポーツ庁が示した全国的な目安を基本的に踏襲。土日に続けて大会に参加した場合は平日に振り替えて休養を取ることや夏休みなどの長期休業中にはまとまった休養期間を設けることなどを求めた。

 本県独自の内容として、試合や大会直前で目安時間を超えて活動する場合は、大会後などに活動時間を短縮し、調整することも盛り込んでいる。

 スポーツ庁が平成29年度に行った全国の公立中の運動部の部活動についての実態調査では、本県男子の1週間当たりの活動時間は全国2位の18・5時間、女子はトップの19・1時間と全国平均を上回っている。こうした実情も踏まえ、県教委では保護者や地域とも連携して「生徒のバランスの取れた生活と成長確保の観点から、部活動のあり方を見直していきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ