PR

地方 地方

障害の娘、鈍器?で殴る 殺人未遂容疑 死亡確認、72歳母逮捕 神奈川

Messenger

 同居している娘を鈍器のようなもので殴るなどして殺害しようとしたとして、多摩署は18日、殺人未遂容疑で、川崎市多摩区中野島の無職、松沼甲容疑者(72)を逮捕した。「娘を殺そうとしたことに間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、16日午後8時ごろ、自宅マンションの一室で、娘の無職、広子さん(46)の頭を鈍器のようなもので複数回殴るなどして殺害しようとしたとしている。

 同署によると、17日午後2時ごろ、近くの多摩川河川敷で松沼容疑者が倒れているのを見つけた通行人が119番通報。通報を受けて駆けつけた救急隊員に松沼容疑者が「娘を殺してしまった」と話したことから、自宅に向かった同署員が寝室で倒れている広子さんを発見。広子さんはその場で死亡が確認された。

 取り調べに対し、「先天的に心臓に疾患を持っている娘と自分の将来を悲観していた」と供述。母娘2人暮らしで、広子さんは4級の障害者手帳を持っていた。松沼容疑者は鼻と口を押さえたとも供述。司法解剖の結果、死因は窒息死だったことから、同署では容疑を殺人に切り替えることも視野に捜査を進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ