PR

地方 地方

「海老名メロンパン」48時間で2万7503個販売、ギネス認定 神奈川

Messenger

 今でこそ押しも押されもせぬ人気スイーツとなった海老名メロンパンだが、平成5年の発売当初は商品棚でも目立たない存在だったという。メロン果汁を使った風味と、しっとりとした生地の食感には自信があり、「一度、口にしてもらえば、ヒットにつながるはず」との思いから、同社が着目したのが「バスガイドの口コミ力」だった。

 バスガイドやバス運転手が集う休憩スペースに海老名メロンパンを試食用に提供した結果、観光バスの車内でバスガイドが「海老名SAの名物はメロンパンです」などとアナウンスするケースが相次ぎ、観光客がメロンパンを求めて、売り場に殺到したという。

 日本の“大動脈”とされる東名高速の海老名SAには、全国から観光客やドライバーが集まっており、その人気ぶりは口コミによって、一気に全国に波及したのだった。

 ◆行列が当たり前に

 14~15年に海老名SAは大改装し、みやげ店やレストランなど約30店が相次いで出店したが、「SAグルメ」の先駆けとして海老名メロンパンはさらなる注目を集め、今では休日になると行列ができるのが当たり前になっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ