PR

地方 地方

渋川で震度5弱 県内震源地震で初 瓦落下や水道管破損

Messenger

 17日午後3時27分ごろに発生した県南部を震源とする地震で、渋川市では震度5弱を観測した。気象庁によると、県内を震源とした5弱以上の地震の発生は大正12(1923)年以降では初めてという。

 前橋地方気象台によると、震度5弱を観測したのは渋川市赤城町の観測地点。このほか渋川、前橋、桐生、伊勢崎、吉岡、沼田、東吾妻の各市町村では震度4を観測した。

 県は地震発生直後に災害警戒本部を設置、被害情報の把握などに努めた。横室光良危機管理監は「今のところ余震の報告はないが、引き続き警戒してほしい」などと述べた。17日午後6時時点で、人的被害は確認されていない。

 最大震度を観測した渋川市でも発生から20分後に災害警戒本部を設置。同市では北橘町の民家2軒の屋根の瓦が落下、駐車していた乗用車の窓ガラスが割れた。群馬用水の配水管と水道管が破損する被害も出た。渋川市役所防災安全課によると、庁舎では4~5秒間ほど、急で激しい揺れを感じたという。

 地震発生に伴い、県内交通も影響が出た。JR東日本高崎支社によると、JR上越線の高崎-水上間と吾妻線の渋川-大前間で一時上下線とも運転を見合わせた。上越新幹線と北陸新幹線も安全確認のため運転を見合わせたため最大で19分の遅れが出た。

 県警高速隊は、県内全域の各高速道路で約45分間にわたり最高時速50キロの速度規制を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ