PR

地方 地方

伏見の水田で泥だらけラグビー 京都市内初の開催

Messenger

 京都市伏見区の種智院大近くの水田で17日、第1回「たんぼラグビーin京都・向島」が開かれた。府内では福知山市で開催例があるが、京都市では初めて。この日の同市は最高気温28・6度を記録する中、参加者らが泥だらけで、ラグビーボールを追いかけた。

 スポーツで地域活性化につなげようと、地域住民らが企画。地元の小中学生をはじめ、同志社大ラグビー部や教職員など個性豊かな32チームが参加した。

 足場の悪い水田では、大人よりも体重の軽い子供の方が足が沈まずに進めて有利という。子供らは追いかけてくる大人を軽やかに振り切るプレーも見られた。

 同市立向島南小4年の川崎果恋(かれん)さん(10)は「みんなで協力し合うのが楽しい。ゴールを決めたときにチームが喜んでくれたのがうれしかった」と笑顔をみせていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ