PR

地方 地方

高2から6年一貫で小学校教員育成 奈良県教委、大学と連携

Messenger

 県教委は15日、小学校教員を志す高校生を6年一貫で育成する「県次世代教員養成塾」を今年10月に開講すると発表した。県教委と県内を中心とする6大学が連携し、高校2年から大学卒業までの6年間、教員としての資質向上を図るプログラムを継続的に受講してもらう。県教委によると、こうした取り組みは全国初という。

 県教委によると、近年の小学校教員採用試験の倍率は4~5倍で推移。もっとも、今後は倍率が低下していくことが予想され、教員の資質低下が懸念されている。そこで養成塾を通じ、人間力や情熱、授業力、生徒指導力などを早期から養っていく考えだ。

 前期プログラムは高校2~3年が対象で、奈良教育大▽奈良女子大▽帝塚山大(いずれも奈良市)▽畿央大(広陵町)▽奈良学園大(三郷町)▽大和大(大阪府吹田市)-の6大学が運営。月1回程度、原則土曜日に10回のプログラムを大学で実施する。キャリアデザインなどに関する内容を盛り込み、書くことや説明することを重視。教員と交流する場も設ける。

 後期は県立教育研究所が運営し、教員養成系大学で教員養成課程在学の学生を受け入れる。社会体験活動やインターンシップ、講義・演習を通じて実践指導力を養い、修了者には県公立学校(小学校)教員採用試験の教職経験特別選考に相当する受験資格が付与される予定。さらに、大学院などへの進学も奨励する。

 県教委の吉田育弘教育長は、「小学校の先生になりたいという夢を持つ人を受け入れたい。子供にいい影響を与える先生になってもらうために支援する」と話している。

                   ◇

 前期プログラム第1期は80人程度を募集し、10月6日~来年8月3日に開講予定。交通費や諸経費は自己負担。希望者は申込書、志望理由書を作成し学校の担当教諭に提出。募集は7月6日までで、面接、書類審査により受講生を決める。問い合わせは県立教育研究所(電)0744・33・8913。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ