PR

地方 地方

奈良のかき氷まるわかり 最新ガイド配布

Messenger

 かき氷ファンを奈良に呼び込もうと、県内の名店が自慢の一品を写真付きで紹介した「奈良かき氷ガイド 平成30年度版」が発行された。カラフルで、みずみずしい果実たっぷりのかき氷が多数掲載されており、暑くなるこれからの季節に大活躍しそうだ。

 平成26年から毎年5月、奈良市で開かれている「ひむろしらゆき祭」の実行委員会が作成。祭りは2日間で計約1万人が来場するなど盛況を博し、初夏の古都を彩るイベントとして定着している。もっとも、短期間の開催ゆえ、「限定的な効果しか得られていない」という意見が以前から寄せられていたという。

 実行委はそこで、「かき氷を目当てに奈良に来る人は複数の店舗を回るはず。ガイドブックを作って観光客を呼び込もう」と27年からガイドを発行。「氷の聖地」として知られる氷室神社(奈良市)や掲載店舗で無料配布している。

 今年のガイドは、持ち歩きやすいA5判の冊子。かき氷専門店だけでなく、イタリアンや和菓子店など計44店舗のさまざまな商品を紹介している。かき氷の特徴や店内の写真、かき氷以外のお薦めメニューも掲載されており、店選びに役立つ情報がてんこ盛りだ。

 奈良市のかき氷店「ほうせき箱」の代表社員で、ひむろしらゆき祭実行委員の平井宗助さん(47)は「いろいろな業界のお店が、本業の技術や素材を生かしてかき氷を作っているので多種多様。かき氷を食べながら奈良をめぐってくれたら」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ