産経ニュース

熊本銀が無人店舗設置へ テレビ電話で窓口相談

地方 地方

記事詳細

更新


熊本銀が無人店舗設置へ テレビ電話で窓口相談

熊本銀行が無人店舗に設けるテレビ相談窓口のイメージ 熊本銀行が無人店舗に設けるテレビ相談窓口のイメージ

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の熊本銀行は、テレビ電話を使って来店客が自分で口座開設などができる無人店舗を熊本市に設ける。店舗統合で閉鎖した店舗跡地につくるもので、これまで窓口で対応していた相談にも乗る。顧客の利便性を保ちながら、運営費を抑える狙い。

 テレビ相談窓口は、熊本市中央区の「サテライトプラザ保田窪」に設置する。来店客はテレビ電話で係員とやりとりしながらタブレット端末を操作する。住所変更などの手続きにも対応する。

 税金納付や公共料金の支払いも別の機器を使って、来店客が自身で行う。営業開始は7月2日。

 こうした取り組みはふくおかFG傘下の福岡、親和(長崎県佐世保市)両銀行を含め、初めてという。ふくおかFGは、無人店舗に関し「機器を使いやすくするなどサービス向上を進める。利用者の反応を見ながら、拡大するかどうか検討したい」としている。