PR

地方 地方

道の駅「あゆの里矢田川」と香住JC、RV拠点支援金ネット募集 目標150万円

RVパーク(中央付近)を開設した道の駅「あゆの里矢田川」=香美町村岡区
Messenger

 キャンピングカーなどが利用できる「RVパーク」に、県内で初めて認定された香美町村岡区の道の駅「あゆの里矢田川」と香住青年会議所(香住JC)が、施設整備に必要な資金をインターネットで募集している。目標額は150万円。すでに約110万円が集まったという。

 RV(Recreational Vehicle)はレジャーに向いている車の総称で、RVパークは一般社団法人「日本RV協会」が認定している。

 同町では、香住JCが2年前に観光振興を目的に「香美町をキャンピングカーの聖地に」と提案。実現を模索していたところ、同駅が無料の車中泊をPRしていることを知り、支援を申し出て、4月からRVパーク「香美の隠れ家ときめき矢田川ヴィレッジ」を開設した。

 RVパークの場所は、駐車場から離れた矢田川沿いの敷地の一角。5台分を確保しているが、看板や電気設備、遊歩道整備が必要なため、香住JCが主体となってネットで整備資金を募集することにした。

 支援コースは5千~10万円。金額に応じて返礼品があり、5千円コースはRVパークの利用券(1泊2日1回分1500円)とアユの姿煮、オリジナルバッジなど。名前も看板に明記される。同駅の阿瀬大典駅長は「多くの支援でキャンピングカーの聖地を目指したい」と話している。

 募集は7月初めまで。問い合わせは同駅(電)0796・95・1369。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ