産経ニュース

長野知事選 金井氏陣営が事務所開き 県民のための県政を

地方 地方

記事詳細

更新


長野知事選 金井氏陣営が事務所開き 県民のための県政を

 任期満了に伴い実施される知事選(7月19日告示、8月5日投開票)をめぐり、共産党が推薦する新人で元上田市議の金井忠一氏(67)の事務所開きが14日、長野市で行われた。金井氏は支持者らとともに「頑張ろう」と気勢をあげ、選挙戦に向けて結束を確認した。

 共産党所属の参院議員や県議、支持者ら約120人が事務所に駆けつける中、金井氏は、大北森林組合(大町市)による補助金不正受給事件などが最大の争点になると指摘。「国にモノを言える知事が必要だ。200万県民のための県政をつくりたい」と訴えた。

 知事選には、3選を目指す現職の阿部守一知事(57)が出馬を表明。自民、公明、立憲民主、国民民主4党が推薦を決めている。